image

野田 明日香 

サカイ創建 設計

入社2年目

趣味・マイブーム

趣味は旅行です。

好きなもの

好きな食べ物はラーメンです。

product

Q1 どんな仕事をしているか

計画地の調査、プランの作図をしています。
主に調査は敷地の大きさ、高低差を測量したり、役所で計画地がどんな土地なのかを調べて、現況図を作成しています。また営業さんからの依頼を元に配置図、意匠図を作成しています。

Q2 入社を決めた理由

地域密着型の会社なので、その地域に住んでいる人たちによりよいプランを提案できると思ったからです。幅広い地域密着型のほうが、お施主様の要望も取り入れることができるし、住む人のことをより一層考えることができると思ったからです。

Q3 仕事のやりがいは

似たような形状や条件の計画地はあっても、1つとして同じ計画地に出会うことはないので、1つ1つの物件にあった外構計画を考えて建物を配置して、住みやすい計画を考え、図面を完成させたときの達成感がやりがいだと思います。

Q4 仕事の魅力

1つとして同じ計画地はないので、自分たちが一生懸命考えたプランが実際に建つことが他の部署との一番違う魅力です。
また自分のセンスで外構や配置などを決めたり住む人たちのことを考えてプランを作図することができるのも設計の魅力です。

Q5 休日の過ごし方

休日は同期や会社の先輩とお酒を飲みに行ったり、友達とランチや買い物に行ったり、同期と車で遠出をしたりします。
私は実家に住んでいるので家事などを手伝ったりしています。

Q6 就活生に一言

笑顔で楽しく、入社したらやりたいことや自身のことについてしっかり説明できれば良いと思います。また緊張して失敗することがあるかもしれませんが、自分を信じて常にポジティブでいれば問題ないと思います。頑張ってください。

筧 和輝 

サカイ創建 積算

入社4年目

趣味・マイブーム

読書(ミステリ、恋愛、青春、SF等なんでも)

好きなもの

特に無し

product

Q1 どんな仕事をしているか

積算の業務は見積書の作成です。建物の設計図や仕様書を基に、必要な工事の数量を拾い出し、工事業者の材料・手間等の単価から合計金額を算出し、建物を建てるのに必要な工事費の見積もりを行うのが仕事です。

Q2 入社を決めた理由

就職活動をしていくなかで、積算という仕事があるのを知り、興味を持ちました。そのなかで住宅・工場・店舗・介護施設とさまざまな種類の建物づくりに実績がある、また大学でもいい企業だと薦めてくれたこともあり、サカイ創建に入社を決めました。

Q3 仕事のやりがいは

自分が積算を担当した物件が受注になったときにやりがいを感じます。いい加減な見積ではお施主様は納得しません。また、不適切な金額で積算すると受注機会を失う場合もあるため、数字の間違いや見積もり落ちがないか、慎重さが求められます。

Q4 仕事の魅力

専門知識を学べることが魅力です。しっかりとした根拠のある金額を出すためには、正確に図面を読み取り、物の詳細や納まり、どのように施工するかを理解している必要があります。不明な点がある場合は、設計者や工事業者に確認を行うためとても勉強になります。

Q5 休日の過ごし方

インドア派なので、趣味の読書をしています。まとまった時間が確保できるため、時間を気にせず、読みたかった本を一気に読みます。本を読んでいる間は作品の世界に引き込まれ、日頃の悩みやストレスを忘れ、本の世界に没頭します。

Q6 就活生に一言

就職活動は視野を広く持つことも大切です。いろんな会社をみることができるため、一つの業種に絞るのではなく、いろんな業界に興味を持ってみるといいと思います。就職してから後悔のないように、焦らず活動してください。

西村 雅 

サカイ創建 施工管理

入社2年目

趣味・マイブーム

洋服・アクセサリーのリメイク

好きなもの

好きなアーティストはBIGBANGがすきで、食べ物はキーマカレーとイカ墨パスタが好きです。 好きな言葉は「塵も積もれば山となる」です。

product

Q1 どんな仕事をしているか

建築現場に行き現場内の清掃、人員の把握をして図面を元に工程通り作業を進めるため、安全第一で職人さんに指示を出し声がけをして、その作業が正確に行われているかを確認するために写真を撮影し記録して現場を管理する仕事をしています

Q2 入社を決めた理由

元々物を作るということが好きで建築に興味があり、会社説明会でこの会社を知り入社前研修を受けたときに、職場の雰囲気がとても明るく、一人一人の仕事に対する真面目さにとても惹かれ、自分もこの会社で働きたいと思ったので入社を決めました。

Q3 仕事のやりがいは

建築現場で指示・作業をする上で、こうしたら効率がいいだろう・これなら職人さんが安全に作業ができるだろうと思ったことを行い先輩や上司に褒められたりしたときにやりがいを感じます。また建物が建った後、これは自分が携わって建てたんだというところにも大きな喜びとやりがいを感じます。

Q4 仕事の魅力

工事部の仕事の魅力の一つが、自分が携わって建てた建物が形に残るということです。僕も最初に携わった現場の建物が建ったときの感動がすごく大きくてその後のやる気にもつながりますし、その建物の近くを通ったときに誇りに思えます。

Q5 休日の過ごし方

休日は気になる映画を見に行ったり、ショッピングやおしゃれなカフェに行きゆっくりとして気持ちをリフレッシュさせたり、天気のいい日には自分の車でドライブに出かけたりしています。また年の近い先輩とご飯や飲み屋に行き悩みや愚痴を聞いてもらったりしています。

Q6 就活生に一言

社会に出るということは今までの環境から少し変わるという人も居ます、慣れるまでは大変かも知れません、ですが積極的に行動したり自分の意見をハキハキ言う人がきっと周りから好かれると思います。この会社の面接では僕・私はこの会社で働きたい!という気持ちを面接担当にぶつけるときっといい結果になります。応援しています。

福岡 純也 

オンテック ルート営業

入社9年目

趣味・マイブーム

バスフィッシング、わかさぎ釣り

好きなもの

バスフィッシング、わかさぎ釣り。野球、ソフトボール(今はしていませんが)

product

Q1 どんな仕事をしているか

長野県内の営業店(諏訪店)で働いております。 業務内容と致しましては、お部屋探しに来られるお客様の来店対応や、入居、退去の立会い。企業様への営業活動。入居中のお部屋のクレーム対応。オーナー様へ建物や室内修繕のための提案活動、発注業務などを行っております。

Q2 入社を決めた理由

中学生の時から部屋の模様替えなどをすることが好きで、インテリアや住環境、住空間に興味がありました。オンテックでは、アパートやマンションなどのお部屋の住空間に携われる仕事ができると思い入社を決めました。

Q3 仕事のやりがいは

オンテックは仲介の会社だけでなく、『管理会社』でもあります。部屋探しのお客様だけではなく、ご入居中のお客様やオーナー様と数多く接する機会があります。何度も訪問させていただき、コミュニケーションをとる中で、お客様から『物』ではなく『人』で選んでいただける、頼っていただけるとやりがいを感じます。

Q4 仕事の魅力

お客様、入居者様、オーナー様など多くの方と接する機会があり、コミュニケーションをとることができるのが魅力です。
また仲介業務だけではなく、建物管理、リフォーム、営繕工事など幅広く仕事に携わることできるのが魅力です。

Q5 休日の過ごし方

休日は趣味のバスフィッシングをして過ごしています。趣味を通して知り合った仲間と定期的に大会を開催して競い合い、飲み会を開いて楽しんでおります。
ゴールデンウィークやお盆、年末年始の長期休みには、実家の山形県に帰り、のんびり過ごしています。

Q6 就活生に一言

肝心なのはあなたの一生懸命さ。大切なのは感謝。大事なのはこころ。
最後まで諦めず、これまで支えてくれた方々に感謝し、信念を持って全力で取り組んで下さい。

竹内 梨紗子 

オンテック ルームアドバイザー

入社3年目

趣味・マイブーム

ライブに行くことです。

好きなもの

絶叫系の乗り物が好きです。

product

Q1 どんな仕事をしているか

お部屋探しをしているお客様に物件を紹介したり、実際に部屋を見たいというお客様をご案内するなどの接客業務から、電話対応や契約書作成などの事務処理、チラシ配布や空室整備などの入居促進等様々な業務を行っております。

Q2 入社を決めた理由

アパートの建築からお部屋探し、入居後のサポートまで一貫したサービスを提供する地域密着型の事業内容に惹かれました。地元就職を考えており、土地勘もある程度あったので、自分にしかできない仕事ができたらいいなと思ったからです。

Q3 仕事のやりがいは

たくさんある物件の中から紹介したお部屋を気に入ってもらえて申込をいただけた時や、お客様からありがとうと言っていただけた時。また、入社した当初の頃は出来なかった事が出来るようになり、成長を感じた瞬間にやりがいを感じます。

Q4 仕事の魅力

生活に欠かせない「衣食住」に携われること。安心する住まいを真剣に探しているお客様のお役に立てた時に生まれる達成感。また、接客から事務、入居促進など多岐に渡る業務を行える事も魅力のひとつです。

Q5 休日の過ごし方

休日は1日ゆっくり家で過ごしたり、バンドが好きでよくライブに行ったりしています。
また、食べることも好きなので、友人と美味しいご飯やカフェを調べて、少し遠いところへ出かけたりしています。

Q6 就活生に一言

誰にでも嫌になってしまう瞬間があると思いますが、そんな時は一旦就職活動の事は忘れて気分転換をすることが大切です。肩の力を抜いて、自分を信じて最後まで頑張ってください。